医学部予備校の選び方のポイント

医学部予備校を選ぶ際のポイント

医学部予備校を選ぶ際のポイント志望校に合わせて上手に活用することがポイント自習室の座席指定数は一番確認しなければならない

医学部予備校を選ぶ際のポイントは、費用と合格実績、志望校に対応しているかを確認することが大切です。
費用の面では大手は比較的リーズナブルで、専門校は料金が高いという特徴があります。
専門校が高いのは少人数で個別指導を行っているところが多いからです。
大手のリーズナブルな予備校だと、大人数なので丁寧な指導が受けられなかったり、設備が不十分であったりする場合があります。
このように料金の高い専門校の方が、きめ細やかな指導を行ってくれそうですが、かけられる費用も限られていると思いますので、料金と内容を確認しつつ子どもにとって最適なところを選んで下さい。
合格実績も選ぶ際には大切なポイントになります。
しかし、合格実績という言葉は曖昧で、一人で何校も合格するような優秀者だけの情報を公開している場合があるので注意が必要です。
また生徒の数も多ければその分合格者も多くなるので、合格実績から予備校を探す場合は、全体の生徒数からどのくらい合格者が出ているのかを確認するようにしましょう。
他にも合格人数を確認する際には、実際に何人の生徒が合格したのか、合格率はどのくらいかを確認することが大切です。
志望校によっても予備校の選び方は変わります。
受験する学校が私立大学か公立大学かによって試験内容が大きく異なりますので、まずはどの大学の医学部に受験するかを決めるようにしましょう。
私立大学は大学ごとにそれぞれ出題傾向が異なり問題にも特徴があるので、私立大学を希望するのであれば、各大学の情報を豊富に持っていて学校別の対策を行っている専門校がおすすめです。
国公立大学を志望しているのであれば、センター試験対策をしっかり行ってくれるところを選ぶようにしましょう。